心と命をつなぐ店長平山の心模様

2013年07月29日(月)

”ありがとう” の言葉 [日々の思い]

人は誰しも一人では生きていけない。

日々の生活の人とのかかわりの中で
何回の「ありがとう」が言えるでしょう。

家族への「ありがとう」
仕事仲間への「ありがとう」
友達への「ありがとう」
遠く離れた母親への「ありがとう」

お客様への「ありがとう」

いったい、一日 何回言えるだろう・・・・

いっぱいの「ありがとう」が言える
そんな生き方をしたい。


Posted by 平山冨恵 at 17時40分   パーマリンク

2013年03月19日(火)

明るい日差しに春の訪れ [日々の思い]

今日は日差しが明るく本当に春らしい日ですね
3月はひな祭りがあり、明日はお彼岸ですね。

幼稚園や学校では卒園や卒業のシーズンで
子どもたちにとって旅発ちの季節でもあります。

空もどんよりとしたグレーから明るい色へと変化しています。
野山では土筆の芽がでたり木々のつぼみも膨らんで・・・
今朝は道路わきの桜が三部咲きでした。

満開になるのはもう直ぐのようです。

天も地も躍動の春です。
この春何か新しい事にチャレンジしてみるのも
人生が楽しくなる1つの方法です。

私も今から4年前に仕事が終わってから好きな着物の
レッスンに通い続けました。週に1回のレッスンでしたが
コツコツと歩み続けて昨年やっと講師の資格を頂くことが出来ました。

今年になって着つけ教室を週に1回だけ開いています。
生徒さんの指導に当たってみて

「教えることは教わること」と改めて感じるこの頃です。

もの皆栄え行く春、皆さまにとりよいスタートの春となりますように。


Posted by 平山冨恵 at 13時41分   パーマリンク

2013年02月12日(火)

久留米絣へのあこがれ [日々の思い]


福岡県の筑後地方に
久留米というとても素敵な街があります。

若い頃3ヶ月ほど住んでいたことがありますが
新しいものと古いものがうまく共存したおしゃれな街です。

この地に「久留米絣」という木綿の織物があります。
井上伝という女性が200年以上も前に考案したと言われています。
藍染めした絣糸で織られた布は、今や着物愛好家のあこがれの的です。

お値段も手織りで織られたものは高くてびっくりします。
300万円以上もする木綿の布があるなんて!

この頃、そんな久留米絣にちょっとだけあこがれている私です。

Posted by 平山冨恵 at 13時53分   パーマリンク

2013年02月07日(木)

同窓会 [日々の思い]

1月2日に故郷の対馬にて同窓会がありました。
中学校のときの同窓会なので、卒業以来45年ぶりの
友との再会となりました。

音信普通だった友とも会えて懐かしい、楽しいひと時でした。
仲のよかった友とは直ぐに気持ちが通じ、昔のようににぎやかに話がはすみ
本当に心の底から楽しめました。

人間って年をとっても昔の自分に戻れることを
再発見しました。
これからは親しく交流をしあうことを約束して別れました。

同級生に元気をもらえて嬉しい一年のスタートがきれました。




Posted by 平山冨恵 at 14時02分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

10

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 Germanium-Ya All rights reserved.